Windows7がサポート終了!どう対策したらいいの!?

2020年1月14日についにWindows7のサポートが終了するそうです。

5年前にメインのサポートが終了しましたが、そこから延長されたサポートがついに終了しちゃいます。

歴代のWindowsの中でも使いやすくて人気があったバージョンでしたが、ついに、ついに、終わっちゃうんですねぇ。

あれ?でも、サポートが終了した後はどうしたらいいんだろう?

そんな方のために、Windows7のサポート終了後にどうしたらいいのか、というお話をしたいとお思います。

サポート終了すると、Windows7は使えなくなるの?

終了するのはサポートだけなので、Windows7そのものが使えなくなるわけじゃありません。

だからもちろん使い続けることは、できないことはありません。

でも、サこれまで発見されるたびにUpdateされていたセキュリティ脆弱性は ポートが終了してしまうと、 修正されることはありません。

マルウェア感染や不正アクセスのリスクが解消されないまま使い続けることになり、PCが第三者に乗っ取られたり、重要なデータが盗まれたりする危険があります。

また、自分だけでなく、顧客の個人情報を盗まれたりした場合は、多くの人に迷惑をかけたり会社の信用を失ったりする可能性があります。

サポートは終了していますので、何かあっても誰も助けてくれません。

ですので、サポート終了後は速やかに新しいバージョンのWindowsにアップデートすることを強くお勧めします。(…っていうか、常識的にはサポート終了後も使い続けるのは、ありえないかと思いますね)

Windows7がサポート終了の対策は?

基本的に、OSのサポートが終了したら、新しいバージョンにアップグレードするのが一般的です。

Windowsの最新のバージョンはWindows10です。

アップグレードするには、以下のふたつの方法があります。

①メディアからWindows10にアップグレードする

家電ショップやネットショップでWindows10のメディアを購入してインストールします。

メディア自体は無料ですが、ライセンスは有料となっています。

Windows10には4つのエディションがあります。

個人・一般家庭向けの「Home」、企業ユーザ向けの「Pro」、大規模企業ユーザ向けの「Enterprise」、教育機関向けの「Education」です。

必要なエディションのメディアを購入して、インストールしましょう。

ただし、これまでWindows7が動作していたPCの場合、Windows10を動かすにはPCのスペック(性能)が足りない可能性があります。

その場合は、PCごと買い替えるのが手っ取り早いでしょう。

ちなみに、Windows10の推奨スペックは以下の通りです。

メモリ:2GB以上 (筆者的には最低4GB、できれば8GBは必要と思います)
グラフィックカード: WDDM 対応ドライバーが提供されている DirectX 9.0 以上の GPU
ストレージ容量: 16GB 以上の空き容量 (32ビット版)
         20GB 以上の空き容量 (64ビット版)
ディスプレイ: 画面解像度 1024 x 600以上

いまお使いのPCのスペックがよくわからない場合は、購入するお店の店員さんに確認しましょう。

②Windows10のパソコンに買い替える

PCのスペックが足りなそうであれば、思い切ってPCごと買い替えるがよいかと思います。

値段は性能によってピンキリですが、古くて遅いPCで我慢して使うより、使いやすいものを使う方がストレスも軽減されます。

ちなみに著者は6万円弱くらいのノートPCを使っています。

メモリは8Gで、それほどハイスペックではないですが、メールとブログ書くくらいなので十分なんですよね。

最後に

Windows7のサポート切れは、言い換えれば、もうWindows7は使えませんよ、というMicrosoftからのメッセージです。無理して使えば、トラブルの元になります。

最近はPCも安くなってきているので、是非すみやかなWindows10への移行をおすすめします。

安全、安心なPCライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました